GLENN GOULD
GATHERING
Curated by
RYUICHI SAKAMOTO

Don Hunstein/Sony Music Entertainment
2017年はカナダが生んだ孤高の音楽家グレン・グールドの生誕85周年、またはカナダの建国150周年という記念すべき年にあたります。これを記念してカナダのグレン・グールド・ファウンデーションは2017年、世界の数カ所でキューレターやプロデューサーと同目的の企画展/コンサートを計画・実施しています。その最後を飾ることになるのは12月、先鋭的なアートの拠点となった草月会館(東京・青山)で開催されるGlenn Gould Gatheringです。キュレーターを務めるのは、幼少期よりグールドの音楽性と個性的な演奏スタイルに憧れ、常にグールドを敬愛して来た坂本龍一氏です。さまざまなな表現レイヤーを駆使し、言わずとも知れた20世紀で最も個性的なピアニスト、グレン・グールドをめぐるエキジビション/ライブを開催します。

Glenn Gould—Remodels
ライブ
12/15(金)-12/17(日)
草月ホール
出演:
アルヴァ・ノト
クリスチャン・フェネス
フランチェスコ・トリスターノ
坂本龍一
他(全公演共通)
エキジビション (無料)
12/13(水)-12/17(日)
草月プラザ
出演: Loscil(12/15–12/17のみ出演)
サウンド・インスタレーション: 坂本龍一

Glenn Gould—Remembrance
トークセッション
12/15(金)-12/17(日)
草月会館2階談話室
ゲスト:
12/15(金)宮澤淳一
12/16(土)國崎晋、坂本龍一
12/17(日)浅田彰、宮澤淳一
関連作品上映 (無料)
12/13(水)-12/17(日)
草月会館/
カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター
※関連作品の一部はカナダ大使館内での上映となります。個人情報のご提示にご協力ください。
※関連作品のラインナップ、上映時間、詳細は近日発表いたします。
チケット:
・ライブ(指定席)&トークセッション(自由席):
10,000円(税込)
・ライブ(指定席):
8,500円(税込)
・トークセッション(自由席)
1,500円(税込)
※本イベントでは年齢制限は設けていませんが、3歳以上のお客様はチケットが必要となります。
※お一人様4枚まで。
※ライブ会場は草月ホール、トークセッション会場は草月会館2階談話室となります。
※セットチケットのトークセッションは、ライブ公演日のご入場とさせて頂きます。
※トークセッションは自由席となり、ご案内は先着順となります。
ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:31738)
イープラス http://eplus.jp/
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:347-777)
12月15日(金) ライブ19:00 トークセッション17:30
12月16日(土) ライブ13:00 ライブ18:00 トークセッション16:30
12月17日(日) ライブ13:00 ライブ18:00 トークセッション16:30
キュレーション:坂本龍一
映像・会場構成:高谷史郎
企画・展示構成協力:阿部一直
企画協力:宮澤淳一
プロデュース:空 里香
プロデュース補:湯田麻衣
主催:朝日新聞社
共催:グレン・グールド・ファウンデーション、株式会社キャブ
特別協賛:株式会社デジタルガレージ
協賛:リシュモン ジャパン株式会社 モンブラン、ソニー株式会社、ソニー・ミュージックエンタテインメント株式会社
協力:一般財団法人 草月会、commmons / Avex Entertainment Inc.、Six Online(ダイヤモンド社)
後援:カナダ大使館
制作:PROMAX
運営:DISK GARAGE
digital Garage
Montblanc
SONY
Sony


カナダ大使館
〒107-0052 東京都港区赤坂7-3-38
草月会館
〒107-8505東京都港区赤坂7-2-21
アクセス:
地下鉄東京メトロ半蔵門線・銀座線、都営大江戸線
「青山一丁目駅」4番出口より徒歩5分。

[グレン・グールド生誕85年記念リリース/
グレン・グールド・エステイト全面協力]
Glenn Gould:
The Goldberg Variations
The Complete Unreleased Recording Sessions
[7CDs+1LP]
完全生産限定盤 2017年9月1日発売
http://www.sonymusic.co.jp/artist/GlennGould/info/483938

グレン・グールド・ファウンデーション

「グレン・グールド・ファウンデーション」は1983年にトロントで設立されたカナダの慈善団体です。グレン・グールド・ファウンデーションは、比類なきミュージシャン、コミュニケーターまた思想家でもあるグレン・グールドの名を広めるのみならず、個々の生活や社会に芸術で斬新な影響を与える取り組みを通じ、彼のレガシーを広めることを目的としています。これまでに、コンサート、シンポジウム、新しいアートワーク、若者や新進アーティストのサポート、美術展、学校教材用ガイドや出版物の制作、アーティストや研究者支援等、多岐にわたる芸術、文化、そして教育的活動を行っていますが、その中で最も顕著な取り組みがグレン・グールド賞です。

グレン・グールド・ファウンデーションの使命は、卓越した才能を称え、創作活動を推奨し、グレン・グールド賞やファウンデーションのシグニチャー的活動である芸術、文化、教育、社会的な取り組みとともに、音楽やアートの力で生活に変革を起こし、グレン・グールドの魂とレガシーを伝えることです。ファウンデーションは彼の精神を引き継ぎ、アーティスティックな活動を支持し、その取り組みを世界中で実践し推進しています。

国内外で著名なこの文化財団のグレン・グールド賞は、卓越した芸術性を評価する世界的な賞の一つとして知られ、カナダが世界に誇る傑出したミュージカルアイコンの名を受け継ぐ賞として、国や文化を超え、高い評価を得ております。

賞金100,000カナダドルが贈られるグレン・グールド賞は、芸術を通して生涯にわたり人類を豊かにしていると認められる人物に贈られる賞であり、その候補者は一般から選出され、世界中の著名アーティストやアート関係者が受賞者を選考します。グレン・グールド賞では、アーティスティックな力による生活の変革を推奨しています。また各受賞者は、優秀な若いアーティストを選出し、その受賞者にはCity of Toronto Glenn Gould Protégé Prizeとして15,000カナダドルの賞金が贈られています。グレン・グールド賞の究極の目標は、そのモットーである「才能を称え、そこからインスピレーションを感じ、変化させる」によって表現されています。


詳細はこちらのサイトをご参照ください: www.glenngould.ca
グレン・グールド賞受賞者
1987R. Murray Schafer, カナダ
1990Yehudi Menuhin, アメリカ/スイス/イギリス
1993Oscar Peterson, カナダ
1996Toru Takemitsu, 日本
1999Yo-Yo Ma, フランス/アメリカ
2002Pierre Boulez, フランス
2005André Previn, ドイツ/アメリカ
2008José Antonio Abreu, ベネズエラ
2011Leonard Cohen, カナダ
2013Robert Lepage, カナダ
2015Philip Glass, アメリカ
Protégés
1993Benny Green
1996Tan Dun
1999Wu Man
2002Jean-Guihen Queyras
2005Roman Patkoló
2008Gustavo Dudamel
2011The Children of Sistema Toronto
2013L’Orchestre d’hommes-orchestres
2015Timo Andres